Copyright © 2008 AJAX Co. Ltd. All Rights Reserved.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon

おもちゃを作る感覚で学べる

​ロボットプログラミング教材

2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されることが明示されました。小学校段階におけるプログラミング教育の目的は、プログラミング言語の使い方を覚えることではありません。文部科学省は、プログラミング教育を通じて育成すべき資質・能力を「プログラミング的思考」という言葉で表現しています。「プログラミング的思考」とは、物事には手順があり、手順を踏むと、物事をうまく解決できるといった、論理的思考力や創造性、問題解決能力のことです。
つまり、 「プログラミング的思考」を身に付けることこそ、次世代を担う子どもたちにとって最も必要不可欠といえるでしょう。

遊ぶだけで論理的思考が身につく?!

マウンジ(MAUNZI)は、ユーザーが自分で考えて、生み出すロボットです。単純にマニュアルの順序に合わせて組み立てるブロック遊びツールではありません。
ユーザーはロボットの外形デザインと動き方を思い描き、その動き方を整理し、表現します。考えなければ作ることができません。

マウンジ(MAUNZI)で遊ぶだけで、プログラミングに慣れることができます。ロボットを作る過程でプログラム言語の構造を自然に理解することができ、 マウンジが提供するMAUNZI LABでロボットの制御コードを学習し、見ることができます。しかも、手軽で飽きることのない、楽しいゲーム感覚で学習することができます。 

0